Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/lyustyle/illst.com/public_html/blender/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/lyustyle/illst.com/public_html/blender/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/lyustyle/illst.com/public_html/blender/wp-includes/plugin.php on line 601
Blender 2.77aからスタート - Blender Lab.Log

Blender Lab.Log

Layla_the_witchのBlender研究部屋

bridge

基本操作

Blender 2.77aからスタート

ずっと,LightwaveとZbrushユーザーだったけど,Blenderがかなり評判がいいので勉強し始めることに。

一度1999年の夏ごろ一度初めて見たのだが,当時はポリゴンだとかカーブだとかの概念がさっぱりわからなかったうえに,インターフェースがものすごくて数日で挫折した覚えがある。

それに比べてLightwaveの使いやすさと言ったらなかったので,これまで17年間もLightwaveを使ってきた。

今のBlenderは,基本のモデリングからアニメーションまで幅広くこなすうえ,物理シミュレーションとか,木や髪の毛の生成,スカルプトなどハイエンド3Dソフトで初めて可能になるような機能が使える。

無料でこんな機能まで使えるとはとても信じられない。

それでいったいどのようなものなのかを勉強していきたいと思った。

bridge

まだ何にもできないが,画面のUIが少しずつわかってきた。

オブジェクトモードとエディットモードをTabキーで切り替え,モデリングしていく。

オブジェクトモードは,オブジェクトそのものを動かしたり,回転させたり,スケール変更をしたりする機能。

それぞれG,R,Sキーで操作できる。

また,動かしている間にXYZを押すことで,軸をロックできる。

さらに数字を入れると,正確な量を移動することができる。

Shiftを押せばゆっくり,

Ctrlを押せば決められた量ずつ動かせる。

 

Editモードでは,実際にオブジェクトを変形させる。

赤で囲んだ部分で,頂点,辺,面のモードに切り替える。

mode

面を右クリックで選んでEキーを押せば,押し出しになる。

ちょっとノート代わりにYoutubeにアップロードしておいた。

なれてくると,Lightwave並みに手になじんでくるかもしれない。

 

-基本操作