Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/lyustyle/illst.com/public_html/blender/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/lyustyle/illst.com/public_html/blender/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/lyustyle/illst.com/public_html/blender/wp-includes/plugin.php on line 601
ポイントを打って,面を貼る - Blender Lab.Log

Blender Lab.Log

Layla_the_witchのBlender研究部屋

mekefacefinish

モデリング 基本操作

ポイントを打って,面を貼る

ポリゴンモデリングの基本は,ポイントを打って面をちまちまと貼っていくこと。

LightwaveではNurbsモデリングが楽しかったが,細かいところになると,やはりポリゴン一枚一枚の作業になりました。

六角大王やメタセコイヤなどのモデラーも基本は面を貼っていくことでモデリングを進めていきます。

Blenderでは,Ctrl+クリックでポイントを打てます。

pointfish

ポイントを打つ

3を押して側面表示にし,Editモードにすれば,あとはCtrl+クリックでぽんぽんと点を打っていきます。

Lightwaveと違って,ポイントを打つたびに線が引かれていきますね。

最初の点とつないで形を閉じたいときは,Shiftをおしたまま最初の点を選択。

これで最初と最後の点が複数選択されるので,その後Fをおします。

これで形が閉じます。

面を貼る

これは,Lightwaveでもおなじみの貼り方。

右クリックでポイントを選択。

Shift+右クリックで次々に四角になるようにポイントを選択して,Fを押すことで面を貼れます。

mekeface2

mekeface

ちなみに,ポイントを打つ方向は,右回りでも左回りでも関係ない模様。

Lightwaveでは,右回りでないと法線がこちらを向きませんでした。左回りでは,いわゆる逆向きポリゴンになってしまいました。

これを繰り返して,全部の面を貼ります。

mekefacefinish

ひとつひとつ覚えていきます。

-モデリング, 基本操作